ページの開始です。

ここから音声ブラウザ用リンクです。

ここで音声ブラウザ用リンク終了です。

ここからヘッダーです。

ヘッダーをスキップするリンクです。

ここでヘッダー終了です。

ここからメニューです。

メニューをスキップするリンクです。

ここでメニュー終了です。

ここから本文です。

Periodontal Therapy 歯周病治療

Periodontal Therapy 歯周病治療 当クリニックでは出来るだけ歯を保存するためにも、実直に歯周病と向き合い、マイクロスコープ(歯科用顕微鏡)を使用して、1本1本の歯を丁寧に治療しております。

歯周病は漢字の通り、「歯」の「周り」の「病」です。歯は歯ぐき、歯根膜、歯槽骨などの歯の周りの組織(歯周組織)により支えられていますが、その歯の周りの組織が歯周病菌に含まれるプラーク(歯垢)によって、炎症を起こしてしまっている状態が歯周病です。日本人の成人の8割以上が歯周病にかかっていると言われており、最も頻度の高い抜歯の原因でありながら慢性的な疾患のため、比較的、症状を自覚しにくいことも特徴ですので、検査を行い、早めの治療を推奨いたします。

歯周病の進行図

健康な歯
  • 歯ぐきがしっかりと引き締まっている
  • コーラルピンク色をしていて、弾力がある
  • ブラッシングなどによる出血はない
↓
歯肉炎
  • 歯ぐきに赤いところが出てくる
  • 歯を磨くと出血する
  • 歯が浮いたような感じがする
  • 歯ぐきにかゆみを感じる
↓
歯肉炎初期〜中程度
  • 歯ぐきが時々赤くはれて痛む
  • 歯ぐきから血や膿みがでることがある
  • 口臭が気になる
  • 冷たい物を食べると歯がしみる(知覚過敏)
  • 歯ぐきや歯がやせてくる
↓
歯周炎重症
  • 歯ぐきがブヨブヨして血や膿みがでる
  • 歯がぐらぐらする
  • 口臭がひどい
  • 食べ物が噛みづらい

歯周病治療の流れ

基本的な歯周病治療の流れをSTEPでご説明させていただきます。

Step.1 クリニックで

症状の検査

歯垢(プラーク)の付着確認を行います。
プローブと呼ばれる器具を用いて、歯と歯ぐきの間の「歯周ポケット」と呼ばれる溝の深さ、出血の有無・歯のぐらつき方(動揺度)を測り、歯肉炎・歯周病の状態を検査します。
歯周ポケットの深さが3mm以下であれば正常または軽度、4~6mmでは中程度、7mm以上は重度の歯周病を示します。


歯周病の検査


歯周病ポケット測定イメージ

Step.2 クリニックで

歯みがき指導

個人個人に歯みがきの方法を覚えていただくことによって、毎日のホームケアで歯周病の原因である病原体(ばい菌)の巣になる歯垢(プラーク)をきちんと取り除けるようにすること(プラークコントロール)が目的です。
これは歯周病を改善するために最も重要な治療のステップです。
患者さまそれぞれに歯みがきの癖があり、よく磨けているところと、磨きの腰があるところがあるため、上手なケアの方法を歯科衛生士がしっかりとお伝えします。
まずはしっかりとした磨き方を見につけ、歯垢(プラーク)を上手に取り除けるようにします。

Step.3 クリニックで

歯ぐきより上の歯石の除去(スケーリング)

歯ぐきよりも上にある歯石の除去をスケーリングといいます。歯石の表面はザラザラしているプラークが付きやすく落ちにくいため、まずは超音波や専用の器具を用いて、見えている範囲の歯石をきれいに落としていきます。

Step.4 クリニックで

歯周ポケットと出血の再検査

歯ブラシの改善とスケーリングでどの程度、歯周病が改善されたか、再度ポケットの審査を行い、 ポケットの深い部分にある病原性の高い歯石の有無を調べます。

Step.5 クリニックで

歯ぐきに潜り込んでいる歯石の除去(SRP)

歯と歯ぐきの間にもぐりこんでできている歯石の除去をSRP(スケーリングルートプレーニング)といいます。SRPを必要とする歯は、歯ぐきの中で強い毒素を持つバイオフィルムが形成されているため、SRPを行って、歯石の除去とバイオフィルムの破壊を行います。
この処置を丁寧に行うことで、ポケットは減少してきます。
初期の歯周炎は、おおむね良好に治癒します。


歯石の除去イメージ

Step.6 クリニックで

再検査

再度、改善状態を確認し、歯周再生治療等の先端的な治療の必要性を評価します。
良好に治癒していれば、再発を予防するためにメンテナンス(SPT)に移行します。

Step.7 クリニックで

歯周外科

歯周病の状態が中程度で、SRPだけでは改善しきれない部位に関して失われた歯槽骨や歯周組織の回復を目的に歯周再生治療を試みます。

※外科処置のため、患者さまとよくご相談の上、行います。

Step.8 クリニックで

メンテナンス(SPT)

SPTとは、Supportive Periodontal Therapyの略で歯周病の再発を防ぐための予防管理です。
1~3ヶ月に一度くらいの頻度を目安に、クリニックで専門スタッフによるお口のメンテナンス(SPT)をおすすめします。


(1)歯ぐきの炎症がないか確認
(2)歯と歯ぐきの間の溝の深さ
(歯周ポケット)の確認
(3)歯垢(プラーク)と歯石の除去
(4)ポケット内の洗浄を行います。

歯周病セルフチェック

歯周病の治療法は、患者さまの歯周病の進行度合いによって変わります。
比較的軽度の状態であれば、簡単な治療を行い、日々のブラッシングを丁寧に行うことで治ります。

まずは、患者さまご自身の今の状況をチェックしてみましょう!

  • 朝起きた時、口の中がネバネバする。
  • 歯を磨いたり、固いものを食べると血が出る。
  • 歯ぐきがむずがゆい、痛い。
  • 歯ぐきが赤くはれている(健康的な歯ぐきはピンク色で引き締まっている)。
  • 歯ぐきがはれて盛り上がっている(歯ぐきが歯に覆い被さっている)。
  • 口臭が気になる。

USTIINY DENTAL INSTITUTE(アスティーニ デンタル インスティテュート)

ご予約・お問い合わせ

03-6431-8633

保険診療も取り扱っております

診療時間

休診日 -火曜・金曜日 9:00~13:00 -受付12:00まで/15:00~19:00 -受付18:00まで

所在地

〒153-0063
東京都目黒区目黒1-6-17
Daiwa 目黒スクエア1F
(旧目黒プレイスタワー)

院内感染予防 

CDCガイドラインのスタンダードプリコーションに基づき、世界標準の院内感染予防に取り組んでおります。

患者さまの権利と責任について 

患者さまの権利と責任について定め、公示いたします。

ここで本文終了です。

ここからフッターです。

フッターをスキップするリンクです。

ここでフッター終了です。

ここから音声ブラウザ用リンクです。

ここで音声ブラウザ用リンク終了です。

ページの終了です。