ページの開始です。

ここから音声ブラウザ用リンクです。

ここで音声ブラウザ用リンク終了です。

ここからヘッダーです。

ヘッダーをスキップするリンクです。

ここでヘッダー終了です。

ここからメニューです。

メニューをスキップするリンクです。

ここでメニュー終了です。

ここから本文です。

Endodontics 顕微鏡を用いた特殊な根管治療(マイクロエンド・マイクロエンドサージェリー)

Endodontics 顕微鏡を用いた特殊な根管治療 マイクロエンド・マイクロエンドサージェリー

顕微鏡を用いた特殊な根管治療(マイクロエンド・マイクロエンドサージェリー)とは

顕微鏡を用いた精密な根管治療により従来の根の治療と比較して良好な治療成績が得られるようになりました。歯の根に起因する問題に対して結果的に歯を抜かないで済む確率を向上する為に重要な治療法です。
欧米では、根管治療におけるマイクロスコープの使用が常識となっている中、日本でマイクロスコープが導入されている歯科医療施設はまだ数パーセントにすぎません。
当クリニックでは、国内の治療とは根本的に異なる、国際レベルの根管治療に取り組んでいます。

根管治療とは、どのような治療?

歯根(歯の根)

歯根(歯の根)の内部には、「歯髄」とよばれる血管や神経が複雑に走行しています。まるで、木の幹から枝が分かれたようになっています。歯の中は、太い主根管から、細い神経が沢山のびているイメージです。


根管治療とは、「歯髄」の中の感染源(細菌)を除去する治療法です。保険治療で行われている方法では、感染源の取り残しによる再感染があるわけです。それは、なぜでしょうか?
患者さまは驚かれるかもしれませんが、歯科医師は歯根の内部が「見えない」のです。つまり、見えない部分を「手探りによるカン」で除去しているのです。

歯根の内部には、「歯髄」とよばれる血管や神経が複雑に存在する

マイクロ・エンド:マイクロスコープ(手術用顕微鏡)を用いた根管治療

そこで、欧米の専門家達はマイクロスコープ(手術用顕微鏡)を用いて、根の中を見ながら感染源の除去をする技術を開発しました。これにより、根管治療の治療成績は飛躍的に上昇しました。
マイクロスコープを使う最大のメリットは、暗くて狭い環境にある歯の内部(根管内)を“光”と“拡大”により見えるようにすることです。欧米では、根管治療における手術用顕微鏡(マイクロスコープ)の使用が常識となっています。しかし、日本で導入されている歯科医療施設はまだ数パーセントにすぎません。
USTIINY DENTAL INSTITUTE(アスティーニ デンタル インスティテュート)では、国内の治療とは根本的に異なる、国際レベルの「根管治療:歯根の治療」に取り組んでいます。

プライベート空間を大切にするため完全個室になっております

マイクロ・エンド治療のメリット

歯の根の問題で何度も根の治療をやり直した経験をお持ちの方は多いと思われます。また、最終的に抜歯を余儀なくされる場合も少なくありません。
そこで、歯を大切に保存する為にも歯の神経の治療、根の治療が必要な場合はマイクロスコープを使った精密根管治療により原因となる感染物質を可及的に取り除き治療の確実性、成績の向上を図れることがメリットといえるでしょう。

手術用顕微鏡(マイクロ・スコープ)

マイクロ・エンドの治療費

アメリカやヨーロッパなどの先進国では、マイクロ・エンドの治療が当然のように行われています。治療費は、どの国でも1本あたり、日本円で10万円前後です。国民皆保険による治療が広がりすぎた日本では、「治療費が高い」と思われる方がいらっしゃるかもしれません。
しかし、この治療は、特殊な技術を習得した専門医でしか行えない治療法であること、また手術用顕微鏡や歯科用X線CTなど、診断・治療に必須な器具が極めて高額であることから、必要な費用として世界中で認知されています。
歯を抜くことなしに、自分の歯で食事ができることを考えれば、決して高額ではないと思います。


当クリニックで行なっているマイクロ・エンドは、自費診療を基本とした完全予約制です。

  治療費
日本 5,893
アメリカ 108,811
イギリス 92,220
フランス 43,920
カナダ 52,764

根管治療(根の治療) 国別の治療費 比較表(単位:円)

Endodontic Microsurgery(エンドドンティック・マイクロサージェリー)

エンドドンティック・マイクロサージェリーという優れた技術があります。
歯根(顎の骨に埋まっている歯の根の部分)にできた病変の摘出手術は、極めて難しいものです。それは、歯根部分が肉眼ではほとんど見えないことが原因です。今までの手術は、根管治療と同じく、マイクロ・スコープを用いないで行う「手探りによるカン」による摘出手術が行われてきたのです。したがって、成功率が低い結果でした。そのため、「歯を抜くしかありません」と歯科医師から告げられた患者さまは少なくないでしょう。


また、歯科用X線CTの登場により、今まで明確にできなかった「直らない歯根の病変」の診断が可能になった症例があります。


歯は、顎の骨に埋まっているのが普通です。ところが、加齢や外傷により、歯根部分の骨が限局して欠損することがあります。このような場合には、本来は顎の骨に埋まっているはずの歯根が外部に露出してしまい、その結果として病変が治らないことになります。

歯根部分から膿が出ている
通常のレントゲン写真では良好な治療が観察され、原因がわからなかった
根充材(根の中のつめ物)を除去し、歯科用CTで撮影したところ、歯根周囲の骨が欠損していたことが明らかになった

USTIINY DENTAL INSTITUTE(アスティーニ デンタル インスティテュート)

ご予約・お問い合わせ

03-6431-8633

保険診療も取り扱っております

診療時間

休診日 -火曜・金曜日 9:00~13:00 -受付12:00まで/15:00~19:00 -受付18:00まで

所在地

〒153-0063
東京都目黒区目黒1-6-17
Daiwa 目黒スクエア1F
(旧目黒プレイスタワー)

院内感染予防 

CDCガイドラインのスタンダードプリコーションに基づき、世界標準の院内感染予防に取り組んでおります。

患者さまの権利と責任について 

患者さまの権利と責任について定め、公示いたします。

ここで本文終了です。

ここからフッターです。

フッターをスキップするリンクです。

ここでフッター終了です。

ここから音声ブラウザ用リンクです。

ここで音声ブラウザ用リンク終了です。

ページの終了です。